【茶道鎮信流:長崎国際大学だより】
平成29年度 「ハイスクール茶会inハウステンボス」
       
長崎国際大学ハイスクール茶会実行委員長 嶋内麻佐子  
 2011年にスタートし今年で7回目となる「ハイスクール茶会inハウステンボス」。今年は長崎教育委員会と佐世保教育委員会の後援もいただき、いよいよ地域に根付いた5月の風物詩になろうとしています。
 平成29年5月20日(土)、当日は晴天にも恵まれ、長崎県内から18校の参加があり、茶道部員290名が参加し、約2,700名の方々にお茶を差し上げました。
 ハウステンボスは5月の時期、120万本のバラが咲き乱れ、甘酸っぱいバラの香りと共に一碗のお茶を服する心地よさを多くの方々に味わっていただきました。
 今回の鎮信流席には、九州文化学園高等学校と北松農業高等学校、さらに鎮信流のおひざ元である猶興館高等学校が参加いたしました。猶興館高等学校は男子生徒も多く参加し、武家茶に相応しい雰囲気の中での開催でございました。
 
         
長崎県立猶興館高等学校 外部講師 谷川 接子  
 
 運河から流れてくる心地良い風が、頬を撫でる5月20日、今年もハイスクール茶会へ参加させていただきました。今年は、例年と違う場所での茶席で、目前に風車があり運河がその周りを通り、絶景の場所でのお席でございました。
 
 
 生徒たちは緊張感漂う中、早くからお客様にお入りくださり、また次の席までお待ちいただいたお客様も多く、良かったと思っていただけたか不安もありましたが、午前中でしたので、あっという間に終わり、生徒達にも笑顔が戻り、楽しそうでございました。
 午後は、他校の茶席を見学する生徒たちと一緒に回り、勉強させていただきました。
 本当に楽しい一日でございました。